cocabuの日記

new post every sometimes

阪神・淡路大震災から22年

ちょうど、息子が生まれたて半年後に起こった「阪神・淡路大震災」。
当時は、育児に追われてボランティアにも行けなかった。ただ、そこの場所でお金の意味が無くなって、被災している農家のこともよく知らず「こう言う時の農家って強いのか?」ってことが頭に浮かんで農業に興味を持ったのも確か。

今朝の朝日新聞1面で、兵庫県宝塚市武庫川の中洲にある「生(せい)」の石積の写真が載っていた。
ウォークマンから消せない邦画で有川浩原作の「阪急電車片道15分の奇跡」がある。ちなみに中谷美紀バージョン。エンドクレジット中で同じ場所が撮影されていた。「生」オブジェ製作 美術家大野良平 記憶の中の「生」再現プロジェクトとされていた。
今日の今日まで”なま”と読むと思い込んでいた。作品を見たことがあれば、ストーリーの冒頭でそう読むと思ってもしょうがない場面があるが・・・。
「生」の字はグーグルアースで宝塚大橋から阪急今津線を見た向こうの中洲に見てとれる。
2011年製作の作品で、そこに繋がったことはちょっと感動。
ご冥福と、今生活している方の幸せを祈って。